読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格するぞ!管理栄養士国家試験

管理栄養士国家試験についてのあれこれや、過去問の解説、勉強法や管理栄養士の仕事などについても書いていこうと思います。 

広告

第28回基礎栄養学:糖質の栄養に関する問題の解説

今日は第28回の問題を見てみましょう。

 

第28回82

糖質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が促進される。
(2) 空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が抑制される。
(3) 糖質摂取量の増加は、ビタミンB₁必要量を減少させる。
(4) 筋肉グリコーゲンは、脳のエネルギー源と して利用される。
(5) 急激な運動時には、グルコースから乳酸が生成される。

 

今回も比較的よく出る問題だと思います。

わからなかった問題はしっかり理解して、何度も解いてみましょう!

 

解説 

(1) 空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が促進される。

空腹時は脂肪が分解し、中性脂肪を構成しているグリセロールは糖新生へ(グルコースとなる)、脂肪酸はエネルギー源またはケトン体として使われます。

よって✖。

空腹時は脂肪酸合成は抑制されます。

単純に、満腹の時またはグルコースが大量な時は、脂肪がつくられる(=脂肪酸合成も促進)と考えたらわかりやすいかな。

 

(2) 空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が抑制される。

これは糖新生と考えられます。空腹時つまりグルコースがない場合はアミノ酸や乳酸からグルコースがつくられます。

よって✖。

fiveleafclover.hatenablog.com

 空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が促進される。


(3) 糖質摂取量の増加は、ビタミンB₁必要量を減少させる。

ビタミンB1は糖質の代謝に必要なビタミンです。

よって✖。

ビタミンB₁必要量を増加させます。


(4) 筋肉グリコーゲンは、脳のエネルギー源として利用される。

脳のエネルギー源はグルコース!飢餓時などではケトン体がエネルギー源となります。

筋肉グリコーゲンはグルコース6-ホスファターゼがないのでグルコースにはなれない!(赤字の事項は何回も出るので覚えておくように)つまり、筋肉グリコーゲンは血糖(血液中のグルコース)になれません。

よって✖。

筋肉グリコーゲンは脳のエネルギ-に利用されません

 

(5) 急激な運動時には、グルコースから乳酸が生成される。

急激な運動時とは、無酸素運動のことです。

解糖系を思い出してほしいのですが、解糖系ではグルコースから乳酸またはピルビン酸ができました。乳酸ができるのは酸素のないとき

つまり、無酸素運動の時はグルコースから乳酸が生成されます。

よって正解〇!

 

答え(5) 

広告