読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格するぞ!管理栄養士国家試験

管理栄養士国家試験についてのあれこれや、過去問の解説、勉強法や管理栄養士の仕事などについても書いていこうと思います。 

広告

第28回核酸について

それでは、第28回の核酸についての問題を解いてみましょう!

 

核酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) tRNA(転移RNA)は、脂肪酸を運ぶ。

(2) RNAは、チミンを含む。

(3) DNAポリメラーゼは、DNAを分解する。

(4) ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法は、DNAを増幅する。

(5) アデニンとシトシンは、相補的塩基対をなす 。

 

全く分からない人は、2つ前のブログから順番に解いてきてくださいね!

 

 

では、解説。 

(1) tRNA(転移RNA)は、脂肪酸を運ぶ。

前回tRNAについて説明しましたね。tRNAはアミノ酸を運んできます。✖

 

(2) RNAは、チミンを含む。

基本事項を思いだしてください!

塩基はDNAはAGCT、RNAはAGCUでしたね!

DNAはチミン、RNAはウラシルが異なるポイントでした。ということで✖です。

 

(3) DNAポリメラーゼは、DNAを分解する。

これも、学習しましたね。

DNAを分解ではなく、合成でしたね!✖

 

(4) ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法は、DNAを増幅する。

正解〇!この通りです。

 

(5) アデニンとシトシンは、相補的塩基対をなす 。

これは、覚えるしかないですね。

A(アデニン)はT(チミン)またはU(ウラシル)

G(グアニン)はC(シトシン)とです!

よって✖!

 

いかがでしたか?

 

続けて解いてくれている人は、問題もかぶってきているのがわかってきましたか?

核酸のお話はもう少し続きますが、すべて終えるころには核酸について、ほとんどマスターできているとよいですね☆

広告